できる、やれる、絶対あきらめない。自信に関する名言

スポンサーリンク

(1)

自信はないし、弱音はしょっちゅう吐くし、びびったりもする。やっぱり自分は弱いですけど、だからそれを埋めようと、練習をいっぱいする

(2)

人間は自信を持ち、貫禄がつき、自分の仕事以外に己れがないようになると、平凡なものになる。役所ほど人間を殺すところはない

(3)

人間は自信を持ち、貫禄がつき、自分の仕事以外に己がないようになると、平凡なものになる。役所ほど人間を殺すところはない

(4)

重い役職に就くと、人はそれにふさわしい能力を身に付けることは目を瞠るばかりである。高位に付けば、それだけ人の評価も高まるし、自信がつければ力も強くなるのと同じだ。人は置かれた境遇に同化するものだ

(5)

われわれが人から尊敬される価値がある。という自信がもっとあったならば、人々の尊敬を得ようという野心をそんなに持たないだろう

(6)

自信は成功の第一の秘訣である

(7)

己自身に全面的に頼り、己自信のうちにすべてを所有するものが幸福にあらざるなどはありえず

(8)

最も高い所にある人は、それだけはげしい危険にさらされることが多いが、それは過度の自信のせいである

(9)

自信は征服できると信ずるものを征服し得る

(10)

人は軽蔑されたとかんじる時によく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない

(11)

自分達に真実と思われる事柄をすべて馬鹿にし、これを虚妄だとしてしまうことも愚かな自惚れである。これは一般の人たちよりも、若干器量のある自信を持っている人々にありがちな悪弊である

(12)

われわれ自身がいだいている自信が、他人に対する信用を芽生えさす

(13)

すぐに思うようにいかなくても諦めずに、黙々と技を磨け。自分を律することが出来るようになれば、驚くほど自信がついてくるものだ

(14)

企業の再生で大事なのは、従業員のやる気をそがず、かつ自主的に再建を任せて自信をつけさせることです

(15)

自信という言葉はよくつかわれるが、若者にとっては間違った自信でも、まず自信を持つことが大切だと思う。若者の欠点を責めず、長所を引き出して、一つでも得意のものを持たせてやる。先輩、上司にとって、それは一つの義務でさえあるかもしれない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存