できる、やれる、絶対あきらめない。自信に関する名言 part2

スポンサーリンク

(1)

自分に自信がある人ほど自分だけでなんとかうまくやろうとするものです。しかし、それでは無駄が多い。成功する人間とは、自分の知識や経験なんてちっぽけなものだと自覚し、他人の力を上手に利用できる人のことです

(2)

ソフトパワーが問われるようになって以来、日本人は自信を喪失しています。その自信の喪失が今回の不況からなかなか脱却できない理由でもあるのです

(3)

たとえ自分の会社が天災で全滅したとしても、周囲の人材さえ一緒に働いてくれれば、いままで以上に大きな会社を作ることができる

(4)

自信は成事の秘訣であるが、空想は敗事の源泉である。ゆえに事業は必成を期し得るものを選び、いったん始めたならば百難にたわまず勇往邁進して、必ずこれを大成しなければならぬ

(5)

自信とは、心が確信できる希望と、信頼を持って、偉大なる栄誉ある道に乗り出す感情である

(6)

理想は我々自身の中にある。同時にまた、理想の達成を阻む様々な障害も、我々自身の中にある

(7)

私に言わせれば、タフであるためには、たくましさと頭の良さと自信を兼ね備えている必要がある

(8)

自分の知識や行動に自信を持つことはとても大切だ。自信がなければよい決断を下すことはできない。しかし、同じくらい大切なことがある。それは、自分は何を知らないか、自分には何ができないか、現実的に評価することだ。それをしないと、自信は自信過剰になる

(9)

統計や学問がどうであれ、自分の経験値を信じ、自信と信念をもって取り組む人は強いということを示しています。貧乏な経済学者やファイナンシャルプランナーは大勢いますから、学者の言うことなんてあてにはなりません

(10)

面白いけど構造が複雑すぎて高い。自分ならもっとシンプルで、安いものを作れると思ったんです

(11)

小さな達成感を味わうことで、これができたのだからこの次もできるだろうという自信にもつながります

(12)

勝利で得た一番は自信かな。それは自分のしてきたことが間違いではなかったという自信

(13)

平和とは戦争が無い状態ではない。平和とは、美徳であり、心の状態であり、慈愛、自信、正義を求める心持ちである

(14)

自分はがんにならないと根拠のない自信を持っていたが先週、初期の肺がんと分かった

(15)

自分の感じかたに自信が持てない時は沈黙していなさい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存