やる気の源は、発見し続けること。やる気を高める言葉

スポンサーリンク

(1)

小さな目標を設定してその達成に集中することが、単純な作業でもモチベーションを保つコツです

(2)

やる気のアベレージを高める仕組みとしては、ちょっと先の未来に楽しいことを仕込む方法もあります。この仕事が片付いたら奮発して美味しいものを食べに行くなど、楽しい予定が先に控えていると、自然にやる気が湧いてくるものです

(3)

やる気の源は、誇りを持てる生き方をしたいという気持ちです

(4)

「よし、朝だ!」というのも、「あーあ、朝か」というのも、あなたの考え方次第だ

(5)

目標を持つことです。そうすれば、やる気も自ずと湧いてきます

(6)

将来のイメージを描いてもらうことは、生徒のやる気につながります。勉強する理由を知ったあとの子供たちは、学習意欲に満ち、目がキラキラ輝いています

(7)

モチベーションには個人差があるものの、自分が意識することで変えていけます。大事なのは、やる気が下がったと感じたら、下がったままにしないこと。上げていこうという努力や意識は、必ず自分の気持ちに反映されます

(8)

やる気の源は、自分が素直に面白いと感じたことをやることです

(9)

目標を立てる際に欠かせないのが、「いつまでに」という期限です。その期限が数値化されていないと、モチベーションは高まりません

(10)

「監督は自分のことを見てくれているんだな」という意識を選手に持たせることは、選手のモチベーションを高めるうえで非常に重要です

(11)

いざものごとに取りかかる瞬間には「さあやるぞ!」「勝負だ!」など、特定の掛け声を決めて口に出すのがお勧めです。いわば、自分にスイッチを入れるための呪文です。この習慣がしっかり根づくと、一瞬でモードチェンジできるようになります

(12)

多くの企業でもそうですが、やはり行政の世界でも「褒める」文化はあまり存在していませんでした。しかし、相手のやる気や潜在的な力を引き出すには、いいところを見つけて褒めることが大切です

(13)

私のモチベーションの源は、いまでも少しずつ、自分が上手くなっているなと感じられることです

(14)

どんな小さな目標でも、クリアすると達成感が得られます。そして、その達成感こそがモチベーションになってくれるのです

(15)

日本には人、モノ、カネ、インフラのすべてが揃っています。やる気さえあれば、日本は最高の立地と言える。チャンスはたくさんある

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存