動機は何でもかまわない。やる気を高める言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

やる前からできねえと言うのは、やる気がない証拠だ

(2)

人生の価値はやる気で決まる。諦めることはもっとも無意味なことだ。だから、私は作戦を続けたい

(3)

責任を持たさなければ能力を出しません

(4)

子供が変わる時は3つある。1つは 自分の中で“目標”ができた時、やったことが うまくいって“これが好きなんだ”と気付いて周りの人に褒めてもらったりすると、ますますやる気になる。もう1つは“みんなのためにやる”そういう時に やる気のスイッチが入る

(5)

恋愛は精神とやる気を削ぐんだ。人生で大事なことは? 筋トレだ

(6)

競争とは、優れた仕事の副産物であり、目的ではない。創造的な人間を動機づけるのは、達成への願望であり、征服への願望ではない

(7)

やる気を失わず挑み続ける奴が歴史を作る。そのモチベーションの高さが不可能を可能に変えるんだ

(8)

成功とは、失敗を重ねても、やる気を失わないでいられる才能である

(9)

知識労働者の動機づけは、ボランティアの動機づけと同じである。報酬ではなく仕事そのものから満足を得なければならない

(10)

(米国と日本では)監督の立場が異なる。米国では、個性の強い選手たちをいかにチームの勝利に貢献させるかだが、日本だと、組織慣れした選手のモチベーションをいかに高めるかが監督の実力とされている

(11)

事業に対するモチベーションを高めるもっとも大きな原動力は、「好き」ということである。この仕事は社会にとって必要なのだが私以外にやる人がいない、できないというのは、私の中では最優先の条件ではなく、二番目である

(12)

育てるということは、「調子に乗らせて」いやがうえにも、意欲を高め、それによって能力を増大することです

(13)

売り上げや利益だけでは示せない組織への貢献度を評価できる「目利き」は、どれほど精密に定量化した評価制度よりも、組織のモチベーションを高められる

(14)

他人のモチベーションを高めるためには、話を聞いてあげることが一番

(15)

人生の勝者は、自らへの強い積極的な動機づけを培ってきた人たちだ。彼らは、自ら定めたゴールとか、自分の果たしたい役割に向けて邁進する能力を持ち、めったに気が散るということがない。落胆したり、間違えたり、つまずいたりすることがあっても、内側から湧き上がる気力が、常に自己実現へとひた走る牽引車の役割を果たし続ける

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存