目標も計画もなしに成功はありえない。目標に近づく為の言葉

スポンサーリンク

(1)

低い目標からは小さな満足感しか得られない

(2)

最大の危険は、目標が高すぎて実現できないことではなく、目標が低すぎてそれを実現してしまうことだ

(3)

平凡な仕事は褒めることはもちろん、許すこともしてはならない。自らの目標を低く設定する者や、仕事ぶりが基準に達しない者を、その仕事にとどめておいてはならない

(4)

最初の計画が低い目標しか目指していなかったら、達成できるのはそれ以下だろう

(5)

リーダーが社員の真のモチベーションになれれば、改革は成功する。リーダーは誰からも立派な目標と思われる何かに具体的に参加することが必要です。社員がそのために努力したいと思う何か、自分がついて行っても良いと思わせるような何かの一部になることです

(6)

やりがいのある目標を目指せ

(7)

理想とは、自分が想像できる最良の状態であり、そうありたいと思う最上の目標である。理想は現実的ではない、と思うかもしれない。しかし、この理想を追い続け、そこにどれだけ近づくことができるか? という挑戦を続けることこそ最も価値ある生き方だ

(8)

自分が心から偉大な目標だと思うものに身を捧げること。言い換えれば、自分自身が廃品同様にならないうちに心ゆくまで使い切ってしまうこと。これこそ「自然の力」であり、人生の真の喜びはここにある

(9)

あなたの全能力を要求する、人生の大きな目標を見つけなさい

(10)

多くの目標を持つことは間違いではない。間違っているのはそれらを同時に達成しようとすることだ。たとえば、一度に5つの大きな目標を達成しようとしても、おそらくどれも成功しないだろう

(11)

大きな目標に向かっていこうとしないリーダーに、誰がついていこうと思うだろうか

(12)

社長が上を目指して社員に発破をかければ、それに影響されてついてくる社員が現れて、会社は大きくなっていく。だから、バカと思われるくらいの大きな目標と夢を語るくらいの経営者こそが成功できる

(13)

人生において重要なことは、大きな目標を持つとともに、それを達成できる能力と体力を持つことである

(14)

ずっと後の時代にも価値と意義を持つ目標を遂行することは、そのために戦うものにとってたいていほとんど報いられず、そして大衆に理解されることはまれである

(15)

大事をなさんと欲せば、小さなる事を怠らず勤むべし。小積もりて大となればなり。およそ小人の常、大なる事を欲して、小なる事を怠り、出来がたきを憂ひて出来易き事を勤めず

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存