朝起きるたびに未来が始まる。始まりの言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

夢を捨てるとき、この世は存在しなくなる

(2)

子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て

(3)

少なくとも、セオリー通りの安全な道ばかり歩いていては、生きがいなんか生まれませんよ。ときには冒険も必要です。周囲の批判を恐れず、「俺はできるんだ」とやり抜く  それが男のロマンでしょう

(4)

願いが正しければ、時至れば必ず成就する

(5)

未だ試みずして先ず疑うものは勇者ではない

(6)

捕まえたときに、追いかける楽しみは終わる

(7)

夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを

(8)

疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべて見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです

(9)

自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ

(10)

人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきものである

(11)

たくさん経験をしてたくさん苦しんだほうが、死ぬときに、ああよく生きたと思えるでしょう。逃げていたんじゃあ、貧相な人生しか送れませんわね

(12)

希望は強い勇気であり、新たな意志である

(13)

余り考え過ごす者は何事をも成し得ない

(14)

この山を登らんとする者、麓にては大いなる苦しみにあわん。されど登るにつれそは減ずべし。そのゆえに、辛苦も愉しみになりつるとき、登ることいとやさしくみえて、速き流れを小舟にて下るがごとし

(15)

信念のためには、たとえ敗れると分かっていても、おのれを貫くそういう精神の高貴さがなくて、何が人間ぞと僕は言いたいんだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存