意外と人間は、自分の強さを知らない。強くなりたい時に読みたい名言

スポンサーリンク

(1)

「強み」というものは、毎日鍛え続けないと、強さを維持することができません

(2)

名誉や世間の評判に囚われず、「笑わば笑え、自分は正しい道を行くんだ」というほどの強さを持ちたい

(3)

あきらめぬ強さがあれば、幸運は必ずや訪れる

(4)

組織のリーダーは、自らが良く思われたいという我執、とらわれの気持ちを捨てねばなりません

(5)

何か言われたときのために、逃げ場をつくっておくという、考え方があります。これは一見、賢いやり方のように、受け止められます。けれど武士道では、それは自分の首を絞める行為に等しいのです。引き返す道はどこにもないと覚悟してこそ、全身全霊で立ち向かっていく、強さが生まれるからです

(6)

強さは、勝つことから生まれるのではない。強さを鍛えてくれるのは、苦労なんだ。困難にめげず、あきらめないと決心する、それが強さなんだ

(7)

この世で寛大さほど強いものはなく、真の強さを身につけた者ほど寛大になる

(8)

「思い入れの強さ」と「成功の確率」は比例する

(9)

壁があるのは、夢に対する思いの強さを証明するためなのです。思いが弱い人は、ここで止まってしまう

(10)

私はこれまでトップの人間が落ちる瞬間を山ほど見てきましたが、皆、過去に積み上げてきた「根拠のある自信」が揺らいでしまって、崩れていくのです。自分のフレームを度外視して生きている人、明日生きることに根拠なんか要らないって思える人間の強さはそこにある

(11)

若者の価値、それは年配者からみれば無謀とも思えるような決断ができること。もしも間違っていたとしても、まだまだ取り戻す時間は十分にある。その勇気こそが、若者の強さなのです

(12)

人間は安心し過ぎてまったく不安がないと、活動量が減ってしまいます。抜きんでるかどうかは、結局、その人間の危機感の強さ。だからこそ私は、いつも危機感の中に自分を置いてきた

(13)

自分に厳しい人、限界を超えて頑張る人というのはその人に特別な意志の強さがあるのだと思っていた。でも、頑張ることが楽しいと感じることができるようになれば、誰だって夢や目標に向かって努力することができる

(14)

本物の強さは、相手に勝つことじゃない。自分に勝つことですよ。それはつまり、我欲を捨て去る勇気があるかどうかということです

(15)

誰かを深く愛せば、強さが生まれる。誰かに深く愛されれば、勇気が生まれる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存