成功は旅路であり、終着駅ではない。成功する為に読んでおきたい言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

どんなに弱音がはきたくなっても、自分を信じて進むしかない。自分を癒すのは、自らがした決断と行動がもたらす未来の結果しかない

(2)

私に出来るのは、私が出来ることについて、私が出来るベストを尽くすこと

(3)

教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に、 自分の中に残るものをいう。そして、その力を社会が直面する諸問題の解決に役立たせるべく、自ら考え行動できる人間をつくること。それが教育の目的といえよう

(4)

成功することで身につくことといえば、うぬぼれることくらいだ。人を成長させるのはむしろ失敗である。ただし、失敗と気づき、それを認め、それから学び、それを乗り越え、再び試みる能力が条件となる

(5)

失敗を気にしていては革新はできない。打率3割といえば強打者と呼ばれるが、10回のうち7回までが失敗だったということである

(6)

人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ

(7)

習慣は偽りの友を作る。あたかも機会が偽りの恋人を作るように

(8)

あらゆる真面目なことのなかで、結婚というやつが一番ふざけている

(9)

一家は習慣の学校なり。父母は習慣の教師なり

(10)

美女と醜女は知性を認められることを欲し、そのどちらでもない女性は美貌を認められたがるものだ

(11)

第一に必要なのは大胆さ、第二に必要なのも大胆さ、第三に必要なのも大胆さだ

(12)

自分が立っている所を深く掘れ。そこからきっと泉が湧きでる

(13)

すべての悲劇は死をもって終焉し、すべての茶番は結婚をもって終わる

(14)

知識に対する投資は常に一番の利益を生み出す

(15)

「目には目を」で行けば、しまいには全世界が盲目になってしまう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存