必ず道は開けてくる。希望の灯を消さないための名言

スポンサーリンク

(1)

光の道を探すより・・・
自ら光れば闇は無い・・・

(2)

夢に向かって踏み出す
太陽が照らし続ける限り
未来に翔く

(3)

希望なんてない?そんなこと無いみんなあるよ。

(4)

決して順風満帆ではなかったはずだが、回顧するとそのように見えるから不思議だ。いやな思い出を忘れることができるからこそ、人間は希望をもって生きられるものかもしれない

(5)

常に将来へのビジョンを描いておけ。それが人々に希望を植え付ける

(6)

毎朝自分にとってありがたいもののことを考えて、一日を始めることだ。人の未来は自分が今日考えていることに非常に大きく左右される。だから希望と自信、愛と成功のことばかり考えるのだ

(7)

人は希望的動物なり。彼にありては前を望むは自然にして、後ろを顧みるは不自然なり。希望は健全にして、回顧は不健全なり

(8)

希望は日光に似ている。つまり、どちらも明るさだ。ひとつは荒んだ心の清い夢となり、ひとつは泥水に金の光を浮かべてくれる

(9)

大参事によって人々は絶望しています。しかし、ほんのわずかでも希望の光を見せられれば、彼らを挑戦的なファイターに変えることができるはずです

(10)

人類が最後にかかるのは、希望という病気である

(11)

希望は永遠の歓びである。人間の所有している土地のようなものである。年ごとに収益が上がって、けっして使い尽くすことのできない確実な財産である

(12)

自分には、自分に与えられた道がある。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあれば、くだりもある。思案にあまる時もあろう。しかし、心を定め、希望を持って歩むならば、必ず道は開けてくる。深い喜びも、そこから生まれてくる

(13)

人間が復讐心から解放されること、これがわたしにとって最高の希望への橋であり、長期の悪天候のあとの虹である

(14)

オレはこんなことを言いながら世の中の人に希望の光を与えてるんだ

(15)

希望がなけりゃ、生きてても楽しくない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存