夢のある者には希望がある。希望の灯を消さないための名言

スポンサーリンク

(1)

会社の目標と自分の個人的な夢が重なる部分を探せ。そうすれば、やる気が出てくる。希望が見えてくる

(2)

平和への希望が見えるやただちに平和を求め、平和を持ち得ぬ限りは戦争のための援助を捜し求める。これが、正しい理性の命ずるところである

(3)

自分の部下にある種の夢を持たせること。それと自分の部下が、この会社にいたらもっと生活が良くなるというような希望を持たせること。それができなかったら、リーダーとして失格でしょうね

(4)

仕事は我々の無力をだまし、幸運への希望を与えてくれる

(5)

希望と気力と勇気を与えることは、金銭を与えるより大きな恩恵である

(6)

為すべきことは、熱を与えることではなく、光を与えることなのだ

(7)

けちは往々にして逆の結果をもたらす。何の当てにもならない遠い希望のために、全財産を投ずる者があるかと思うと、ある者は、目先のほんのわずかの利益のために、将来の大きな儲けを逃す

(8)

信仰は、嵐が過ぎ去るまで無抵抗で堪え忍ぶことではない。むしろ忍従と、そして何よりも燃えるような静かな希望を持って、物事に処する心的態度である

(9)

精神の世界以外には何も存在しないという事実、これが我々から希望を奪い取って、我々に確信を与える

(10)

己自身を悲しみに委ねるのは危険だ。それは勇気と立ち直る希望を奪い去る

(11)

自分がどのようにして他の人間から希望を奪い去っているかに注意せよ

(12)

人生は、段々に諦めていくこと、絶えず我々の抱負、我々の希望、我々の所有、我々の力、我々の自由を減らしていくことの修行である

(13)

人間を船にたとえると、九十五パーセントの人が舵(かじ)のない船に相当する。「いつかは、豊かで繁栄した港に流れ着くだろう」という甘い希望を抱きながら、風と潮の変化のままに、手をこまねいて漂流している。こんな船は、たいていは岩にぶつかったり、座礁したりして沈没してしまうものだ

(14)

すべてのにがい薬、最後の苦汁までも、爽やかな一滴の希望が甘くする

(15)

行く手に美しい希望があると、別れもお祭りのようだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存