ストレスとうまく付き合う方法

スポンサーリンク

(1)

ストレス発散や癒しより、

「ストレスの少ない生き方」のほうが大切。

(2)

ストレスに悩んでいる人に限って、

睡眠時間が短い。

問題は、睡眠時間を削って、

ストレスそのものを次の日まで持ち越している事。

(3)

「大変だ、大変だ」と思っているから、

本当に大変に感じてくる。

(4)

「まあいいか」

「気にしない」

「何とかなる」

この3つの言葉を、

自分に語りかけてみよう。

(5)

早く片付ければ、

ストレスから早く解放される。

物事を早く片付ける習慣は、

ストレスを小さくする習慣。

(6)

朝はストレスの少ない時間帯。

特に「早起き」は、

最も大切なポイント。

(7)

シャワーよりお風呂にする。

シャワーで軽く済ませてしまうと、

疲れが取れにくくなる。

(8)

食べる量を減らすと、疲れも少なくなる。

食べる量が減れば、消化活動の量も減り、

体内への負担は驚くほど変化する。

(9)

汗をかくのは、

サウナよりジョギングのほうがいい。

精神的なストレス発散は、

やはり体を動かして流す汗に限る。

(10)

「怒り」を「学び」に変えると、

「ストレス」から「成長」に変わる。

むかっとしたときは

「自分を高めてくれる社会勉強だ」と考える。

初めはそう思えない自分がいても、意識をすればいい。

(11)

ストレスは、所有することから始まる。

ほとんどの人が

「持つこと=裕福」という勘違いをしている。

(12)

同じことを繰り返していると、疲れてくる。

何もないマンネリ化こそ、

疲れの元凶。

(13)

たまには他人に甘えてみませんか。

他人に頼ることのできる人のほうが

自分の弱さを自覚しているため、

実は強い力を発揮する。

(14)

目を閉じて深呼吸をすれば、楽になる。

目からの情報がなくなると、

感じる刺激の大半がなくなる。

スポンサーリンク

(15)

「どっちでもいい」

という口癖をやめるだけで、

ストレスは少なくなる。

どちらでもいいと思ったら、

なおのこと、自分で決める。

(16)

言われる前に、行動する習慣を持つ。

早めに行動する癖をつけて

ストレスの少ない生活に変えていく。

(17)

迷っていると、

体を動かしていないのに疲れてしまう。

迷っているということは、

どちらでもいいということ。

迷いそうになったら、

どちらでもいいから、すぐ行動する。

(18)

「真面目に終わる話」から「笑いで終わる話」へ。

あなたの話には、

笑える結末がありますか。

(19)

目覚まし時計をやめるだけで、

ストレスは少なくなる。

(20)

ごみが散らかっていると、

気も散ってしまう。

掃除をして、

整理整頓することが大切。

(21)

難しい専門用語を使っていると、

人間関係も難しくなる。

わかりやすい言葉を使おう。

(22)

外でウォーキングをすること。

外は、多くの刺激にあふれている。

外で走ると、景色が変わる。

さまざまな人とすれ違い、人の声、

移り変わる風景など、新鮮な刺激が飛び込んでくる。

(23)

人間関係の問題のすべて、

自分の受け止め方に問題がある。

苦しんでいるということは、

まず自分の受け止め方がマイナスへと傾いている証拠。

(24)

焦りがあると、

できることもできなくなる。

焦りは禁物。

(25)

意味のない誘いは、

きっぱり断る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存