オレは天才というより人災だ。石橋貴明の言葉 part2

スポンサーリンク

(1)

注目されるのは最初の内だけだから、地道に努力しなさい

(2)

もし僕が女性で、僕みたいな人間が『CAZ』に出てたら「なんでコイツが語るのよっ」って、ページを飛ばすタレントのひとりでしょうね(笑)女性に合うキャラクターじゃないですからね、僕は

(3)

彼(憲武)は人間が出来てますから大丈夫ですけど、僕はダメです

(4)

わかんないな、どうなるか。どうなるかわかんないから一生懸命やるんだよ。不安だから、その不安を打ち消す意味で頑張る。で、何かやると、また不安になって、次は何をやろうかって…

(5)

僕らは個人じゃできなかったから、神様が木梨という人間に引き合わせてくれたんだと思う。1+1=20になっても、1は10じゃない。ときには俺が5で木梨が15で、時には俺が1で木梨が19で。それでも2人なら20になれるんだ。そういう力は、わかっていたいと思う

(6)

運は良かっただろうね。でもそれが永遠に続くとも思ってない。運なんて不確かなものでしょ。まだまだあると思えば“ここで終わりなの?”というのかもしれないし。“もうダメかな”と思えばずっと続いているのかも

(7)

【初恋】とは…初めて相手の名字を自分の名字に変えてニコニコしてしまうこと

(8)

笑いに関して、計算ずくかって言うと全部知ってるぞってものじゃないですから。くっだらねぇ部室笑いですから、俺ら。サッカー部と野球部の部室に面白いやつがいた、それで来てますから。ポリシーなんてないし

(9)

日本には、いい言葉があるのよ。〝憎まれっ子世に憚る〟って(笑)

(10)

正直なところ、両方できないんだよ(笑)。ものすごーく微妙なところに2人ともいるんだよね。それでずーっと今まで来ちゃったから、今さら俺がボケで憲武がツッコミでとか条件つけてできなくなっちゃった

(11)

芸能界入って一番最初に、BMWをスタンドで見て(いつかああいう車に乗りたいなぁ)と。で買ったんです私は、中古で。あの84年の6ヶ月の空白期間に。「車でも買おうー!」と思って。それで、その車に初めて乗っけた女が…実は何を隠そう…おふくろなんです、ウチの(笑)

(12)

最近は天才が多いから、ホントに気をつけなきゃ

(13)

間違っちゃう、間違っちゃうと思うと間違っちゃうから!

(14)

1コ上と1コ下が甲子園に出て、出れなかった代の補欠ピッチャーの実力をお見せしますよ

(15)

とんねるずの今後についてはどうしましょうね。まあ、テレビに関してはもう少し遊べるスペースがあるのなら、そこでまだまだ遊びたいなとは思っています。さっき不器用だって言った通りで、僕自身はあんまり、たくさんいろんなことが同時にできないタイプなんですよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存