強い男の裏には賢い女性がいる。横綱、白鵬の言葉

スポンサーリンク

(1)

ラストスパートみたいにやっていきたい。相撲人生の。ここで頑張る

(2)

言うことないんじゃないの。見ての通り。負けは負け

(3)

そういうこともある。人間だから

(4)

夢は銀座に部屋を持つこと

(5)

寂しい言葉は言わず。温かい応援をしてほしいと思います

(6)

土俵に上がることができる“感謝”の思いがあるんです

(7)

綱の重みを感じた。こういう大変な時こそ、横綱の存在が必要。そして横綱は、こんな危機をも再び頑張る原動力としなければいけないんだ、と

(8)

いつ場所が開催されるかもわからないなかで、目標のないままに稽古する。土俵に上がるのがつらいのは初めてでした

(9)

引退を考えたことが2度ある

(10)

私は、紗代子の心の傷をこれ以上深くしたくないと願っています。そして、紗代子が、一日でも早く笑顔に戻れるように、願っています。そのためには、私は横綱として頑張ることが、家族を、そして紗代子を笑顔に出来る一番の方法だと思っています

(11)

私は、力士であり、横綱ですが、紗代子という一人の女性を愛している夫でもあります。妻が私のことを応援してくれているから私は相撲を取れています

(12)

相撲をやりたいという子供がいなくなれば、いくらいま強い力士がいてもダメですよね

(13)

東京オリンピックまで(現役で)頑張ります

(14)

人間、本当に強い思いを抱くと夢にまで出てくるんですね

(15)

明治時代の初期。大久保利通という武士と明治天皇が(相撲という)長く続いた伝統文化を守ってくれたそうです。その中で天皇陛下に感謝したいと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存