心地よい睡眠の方法

スポンサーリンク

(1)

睡眠時間は、充電する時間であり、回復する時間。

(2)

不安やストレス、悩みがあるときこそ、長めに睡眠時間を取っておく。

(3)

勉強や仕事ができるようになるために、睡眠時間を少しでも長くとる努力をする。

(4)

好循環を作り出すためには、昼間にしっかり頭と体を動かす。

(5)

「こうすればすぐ寝られる」というスタイルを作っておく。

(6)

落ち込んだら、とりあえず寝る。

(7)

寝る前と起きた直後に、水を飲む。

(8)

普段から積極的に、水を飲む。

(9)

睡眠時間を短くする努力より、長くする努力をする。

(10)

寝る前に食べるのは、やめる。

(11)

忙しいときこそ、しっかり寝る。

(12)

人の受ける刺激の80パーセントは、目からの視覚情報。
疲れの原因も目によるものが多い。

(13)

表情美人は、十分な睡眠から作られる。

(14)

朝の寝起きは、目も水分不足になっている。
目薬は、目の目覚ましにちょうどいい。

(15)

ベッドに入れば、後は余計なことを考えないようにする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存