人付き合いが上手な人と下手な人の違い

スポンサーリンク

(1)

人付き合いが下手な人は、自分に優しく、他人に厳しい。
人付き合いが上手な人は、自分に厳しく、他人に優しい。

(2)

人付き合いが下手な人は、すべての人に好かれようとする。
人付き合いが上手な人は、大切な人に好かれようとする。

(3)

人付き合いが下手な人は、挨拶に消極的。
人付き合いが上手な人は、常に自分から挨拶をしようとする。

(4)

人付き合いが下手な人は、平気で悪口・陰口を言う。
人付き合いが上手な人は、悪口・陰口を言わず、賛同もしない。

(5)

人付き合いが下手な人は、感謝の言葉が1日10回未満。
人付き合いが上手な人は、感謝の言葉が1日10回以上。

(6)

人付き合いが下手な人は、相手の欠点を探す癖がある。
人付き合いが上手な人は、相手の美点を探す習慣がある。

(7)

人付き合いが下手な人は、絶対嘘をつかない。
人付き合いが上手な人は、上手に嘘をつく。

(8)

人付き合いが下手な人は、守れない約束でも、簡単にうなずく。
人付き合いが上手な人は、守れない約束なら、勇気を持って断る。

(9)

人付き合いが下手な人は、感情的になれば、その場で発言する。
人付き合いが上手な人は、一度頭を冷やしてから発言する。

(10)

人付き合いが下手な人は、話の流れに押され、他人のプライバシーをぺらぺら話す。
人付き合いが上手な人は、話の流れがあっても、他人のプライバシーをしっかり守る。

(11)

人付き合いが下手な人は、第一印象に無関心。
人付き合いが上手な人は、第一印象に力を入れる。

(12)

人付き合いが下手な人は、いきなり用件を話し始める。
人付き合いが上手な人は、用件の前にクッション言葉を使う。

(13)

人付き合いが下手な人は、すぐ年齢を聞きたがる。
人付き合いが上手な人は、必要になるまで聞かない。

(14)

人付き合いが下手な人は、秘密主義を貫く。
人付き合いが上手な人は、少しずつ自己開示をする。

(15)

人付き合いが苦手な人は、楽しませてもらうのが好き。
人付き合いが上手な人は、楽しませるのが好き。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存