気が利く人になる方法

スポンサーリンク

(1)

人に喜んでもらうために、気が利く人になろう。

(2)

まずは、受け身が大切。

(3)

気の利いたサービスを受けたとき、メモに残す習慣を身につける。

(4)

ゲーム感覚でもいい。
相手がしてほしいことを推察しよう。

(5)

大変そうな人を見て「大変そうですね」と話しかけるだけでいい。

(6)

当たり前の言葉をかけるだけでいい。

(7)

花粉症で困っている人に、そっとティッシュを差し出す。

(8)

立場を交代すると、相手の気持ちが分かるようになる。

(9)

いきなり相手の立場になるのではなく、まずお手伝いから始めればいい。

(10)

気の利く人になることは、連想ゲームの達人になること。

(11)

むかつく人との出会いは、自分の器を大きくするチャンス。

(12)

気の利く人は、誕生日前にプレゼントを贈る。

(13)

「気が利く」とは、少し早めに行動すること。

(14)

ささいなことや情報の積み重ねが、大きな仕事の土台になる。

(15)

言いにくい言葉を言えるのが、本当の友達。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存