気が利く人になる方法 part2

スポンサーリンク

(1)

場の様子を見ながら、料理を取り分ける。

(2)

誰もが嫌がるエレベーターのボタンを、押す人になろう。

(3)

まず、手伝う人になる。

(4)

気の利かない人は、だらだら長いのがかっこいいと思っている。

(5)

傘入れ袋に傘を入れてから、店に入る。

(6)

気の利く人は、残らないプレゼントを贈る。

(7)

気の利かない人は、クレームを人に言わせる。
気の利く人は、クレームを自分で言う。

(8)

気の利く人は、次の人のことを考える。

(9)

思いやりのある人間社会の土台は、気を利かせ合うこと。

(10)

相手のことを考えて「まとめて一緒に」という習慣を身につけよう。

(11)

「おタバコ吸われますか」という言葉を、禁句にする。

(12)

気が利く人は、わざと負ける。

(13)

気を利かせて、バックアップを取っておく。

(14)

気の利く人は、予備の傘を会社に置いている。

(15)

気を利いた行動をする人が1人いれば、どんどん増えていく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存