空気が読める人になる方法

スポンサーリンク

(1)

空気が読めないと、いつの間にか人に迷惑をかけてしまう。

(2)

オヤジにならないように、経験を積んで、勉強する。

(3)

静かなところでは静かな声で、賑やかな場所では賑やかな声で、話をする。

(4)

感謝の言葉を、オウム返しする。

(5)

携帯の着信音は、雰囲気を壊しやすいと心得る。

(6)

遠慮は、しないほうがいい。

(7)

遅刻によって、空気が壊れる。

(8)

いきなり話しかけない。
クッション言葉から入ろう。

(9)

「意見がある人、いますか」という人が、最初に意見を言う。

(10)

1回の話が長いと、空気が悪くなる。

(11)

初対面では、すぐ年齢を聞かないこと。

(12)

ポケットに手を入れ、足組みをしながら話をしないこと。

(13)

「自分は見られている」という意識、忘れていませんか。

(14)

話し合いでは、空気が命。

(15)

真剣に学びたい習い事ほど、1人で参加しよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存