上手に人付き合いする方法 part2

スポンサーリンク

(1)

相槌を打つと、どんどん話が弾んでいく。

(2)

せっかくの友達の話を折らない。
新しい価値観を勉強させてもらおう。

(3)

人とうまくやっていくには、すべてを受け入れることが大切。

(4)

人付き合いに、年齢は関係ない。

(5)

友達だからとはいえ、だらだらにならない。
友達だからこそ、丁寧になろう。

(6)

たとえ自分が悪くなくても、謝らなければならないときがある。
相手に迷惑をかけたら、謝ることが大切。

(7)

相手の喜びを一緒に喜ぶと、好感が持てる。

(8)

何があっても「ありがとう」で締めくくることが大切。

(9)

短所は見方を変えれば、長所になる可能性を秘めている。

(10)

人付き合いで大切なことは、まめであること。

(11)

みんなと同じでないことこそが美徳。
自分を他人と比べない。

(12)

明るい言葉を使うと、明るい人付き合いができる。

(13)

自分が失敗したときでも、そばにいてくれる人。
それが本当の友達だ。

(14)

気持ちを伝える手段は「言葉」だけではない。
気持ちは「体」で伝えると、もっと気持ちが伝わる。

(15)

人付き合いの達人は、褒める達人。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存