言葉遣いがうまくなるマナー

スポンサーリンク

(1)

メールの送信ボックスは、自分の言葉遣いを客観視できるところ。

(2)

初対面は、試験と同じ。
うっかり名前を忘れると、0点になる。

(3)

発する言葉が美しければ、戻ってくる言葉も美しくなる。

(4)

嫌いな人の話題を、わざわざ自分から出す必要はない。

(5)

「考え方が間違っている」と言われたときの対処方法。

(6)

「No」より「No, Thank you.」。

(7)

会話はキャッチボールと同じ。
投げるときより、受け止めるときが、気持ちいい。

(8)

一生懸命を侮辱されたときは「後悔した人生を送りたくないから」と言い返す。

(9)

口論の真の勝ち方とは、言い負かすことではない。
相手から共感や同意を得ること。

(10)

人間関係は、出前と同じ。
好かれるのは、せかす人より、気遣う人。

(11)

「ありがとうございます」という場面の多くは「いつもありがとうございます」とも言える。

(12)

「いつもありがとうございます」と言われたら自分も、「こちらこそ、いつもありがとうございます」と言い返す。

(13)

肯定の言葉ほど、強く言う。
否定の言葉ほど、優しく言う。

(14)

誤解を解くときは、平然と構え、不要に言葉を飾らずに否定する。

(15)

お礼を言うときには「すみません」ではなく「ありがとうございます」と言う。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存