異性にモテる会話術(2)

スポンサーリンク

(1)

「いいよ」ではなく「いいね!」と、返事をする。

(2)

モテる人は「上手に話そう」と思うより「上手に話を聞こう」と心がけている。

(3)

とっさになったとき、とりあえず笑顔で返事をする練習をする。

(4)

過去形の言葉より、現在進行形の言葉を使う。

(5)

付き合いのタイミングを見て、敬語から崩した言葉遣いに変える。

(6)

下ネタに笑っているからとはいえ、楽しんでいるとは限らない。

(7)

「不幸話」は避け「失敗談」を話す。

(8)

いくつに見えるか聞かれたとき、20歳くらいを区切りに、答え方を工夫する。

(9)

相手がまた2人で出歩けるチャンスができるように「また来たいね」と言う。

(10)

モテる人は、小さな声で独り言を言って、デートに誘う。

(11)

モテない人は「ありがとう」で終わる。
モテる人は「お礼をさせてください」で次へつなげる。

(12)

「恋愛は何でも話ができる関係が大切」という主張の後、「あなたになら何でも話ができそう」と言う。

(13)

「あなたといると楽しい。リラックスできる」と言えば、特別な存在であるとアピールできる。

(14)

大切な言葉ほど「別れ際」や「別れた後のメール」で伝える。

(15)

すでに恋人がいる人を好きになってしまっても、付き合える可能性は、わずかにある。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存