知的な話し方をする方法(2)

スポンサーリンク

(1)

正しい日本語を使ってこそ、正しい会話ができる。

(2)

話し合いの最後には、質問をする。

(3)

相手の主張を、一部肯定すると、話も聞いてもらいやすくなる。

(4)

声の大きさは、自信の大きさ。

(5)

「要は」を連発する人の話は、いつまでもまとまらない。

(6)

5W1Hを含めると、会話が分かりやすくなる。

(7)

見下した言い方をする人が、見下される。

(8)

自分の話は、聞かれてから話をする。

(9)

敬語を、すらすら言えるようになる。

(10)

自分の体験談を使って、話をする。

(11)

自分の評価を会話の中に、含める。

(12)

差別発言は、品位を下げる。

(13)

口数を減らすと、一言の重みが増す。

(14)

口数が多くなると、言葉だけでなく、人としても軽く見られる。

(15)

興味がない話は、教養として聞けばいい。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存