本音を聞き出す上手な質問法

スポンサーリンク

(1)

単に尋ねるだけでなく「ぜひ質問に答えたい!」と思わせるような聞き方を心がける。

(2)

初めが肝心。
簡単に答えられる質問から始める。

(3)

柔らかい会話口調を心がける。

(4)

一般的な質問より、個人的な質問のほうが仲良くなれる。

(5)

前向きで明るい質問の仕方を心がける。

(6)

具体的な内容で、質問する。

(7)

質問することがなくても、熱意を伝えるために、質問がある姿勢を見せる。

(8)

想像できるように、質問する。

(9)

理解してくれないのは、理解できない人より、説明をしている人が悪い。

(10)

質問の深さで、仲の深さを感じてみる。

(11)

お酒の力を借りると、打ち解けやすくなる。

(12)

1人きりの人に話しかけることで、全体の雰囲気を壊さないようにする。

(13)

どんなことでも正解だと思う「心の広さ」を、身につける。

(14)

「何か話して」は禁句。
プレッシャーを与えると、余計に話せなくなる。

(15)

質問に答えてくれたときには、笑顔で喜ぶ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存