本音を聞き出す上手な質問法(2)

スポンサーリンク

(1)

感謝をするときには、相手の名前を聞く。

(2)

プライベートな話は、2人きりのときに聞くのがマナー。

(3)

論理的な流れより、気持ちの流れで会話するほうが、仲良くなりやすい。

(4)

質問の答えは、1つに限定しないほうがいい。
限定しないことで、答えられる幅が広がる。

(5)

データより、体験談から質問するほうが、面白い。

(6)

相手の隠れた努力を見つけ、それをネタに質問していくのがポイント。

(7)

質問するときには、メモ用紙とペンを持つ。

(8)

答えにくい質問をしない。

(9)

「今」「ここ」で「私」が体験したことを、質問すればいい。

(10)

質問することで、知り合うきっかけを生み出す。

(11)

質問が元気を生み、元気が質問を生む。

(12)

自分から直接聞きにくい質問は、友達の力を借りればいい。

(13)

鋭い質問は、雑談の中で自然と発生する。

(14)

「忙しい」「疲れた」「大変」は、禁句。

(15)

相手の魅力を発見したら、ネタにして質問してみる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存