優しさが溢れる黒柳徹子の言葉

スポンサーリンク

(1)

つらいとき

やさしくしてもらったら、

それは忘れない。

人のつらさがわかることも

優しさだと思う。

(2)

「つまらない」とか「ダメ」だとか、

希望もないようなことを

子供が言っているとしたら

もったいない。

それをどうしたらいいのかを

考えたほうがいい。

(3)

こんなに豊かだったら

幸せでいいと思えるのに

そうじゃないなんて、

豊か過ぎというのも

幸せをもたらさないんでしょうか。

(4)

私は世界中の子供を救おう

などとは思っていない。

ただ、私が伝え、

みなさんから頂いた募金で

少しでも子供たちが助かってくれると嬉しい。

(5)

人間はもうちょっと

優しくしなければいけないし、

できないのなら結婚しなければいい。

大変なことかもしれないけれど、

結婚したならちゃんとすべきと

言いたい。

スポンサーリンク

(6)

キレイだなと思う人は、

自分の生活を

生き生きと楽しく過ごしている。

決して与えられたものではなくて、

自分で楽しい生活を作っている。

(7)

「日々の小さな温かさ」

案外当たり前の身近なところにある

私たちの暮らしこそが幸せだと思いますし、

今、それに気がつかないのは

とても残念なことです。

(8)

人間というのはいつも志を高く持って

生きていかなければいけないんだな

ということが、

だんだんわかってきたように思います。

(9)

人と比べていいことはありません。

それよりも、

どうしたら自分がこの世の中に

適応して生きていけるかを

考えたほうが得策です。

(10)

偶然というものは、

私たちが思っている以上に、

人生を左右すると思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存