相手の心を読む前に、自分をさらけ出せ。堀江貴文の言葉

スポンサーリンク

(1)

好きなことを、うまくいけば

遊びですら仕事にできる時代が

必ずやってくる。

(2)

技術の進化によって

人々の余暇時間が生まれると、

「遊び」が仕事になる。

(3)

同じ時間だけ稼働してるのに

「忙しくて大変」と感じる人と

「そこまで忙しくない」とかんじてしまう人。

この差はどこにあるのだろうか?

答えは簡単。

前者は「他人の時間」を生きる

苦しい忙しさで、

後者は「自分の時間」を生きる

楽しい忙しさだからだ。

(4)

余暇時間が増え、

遊びがビジネスへと変貌する。

そんなときに仕事を得ているのは、

「遊びの達人」に違いない。

(5)

嫌な仕事をするのではなく、

楽しいことを仕事にしたほうが

いいに決まってる。

(6)

「好きなことをやった方がいい」というのは、

好きなことだったら

毎日の積み重ねを

努力と思わないでこなせるからだ。

(7)

ぼくは一度きりの人生を

大満足しながら

生きていきたいと思っているので、

楽しいと思えることを仕事にしている。

(8)

会社という

枠組みがなければできないことなんて、

ほとんどない。

(9)

ぼくのように

「これからの時代は

給料が上がらないから、

就職なんてありえない」

と考える人は少数派。

スポンサーリンク

(10)

本当は周りと違うほうが

差別化になって得をすると思うのだが、

日本ではそういう風に教育されない。

(11)

アメリカでは教育の段階で

「人とは違うこと」が推奨される。

(12)

そもそも日本人は

「相手と意見が違う」と

「相手を嫌い」が

ごっちゃになっている。

(13)

世の中には、

本当に自ら動かない人間が多い。

彼らは世の中の

変な常識に縛られすぎているのだ。

人を違ったことをすると、

何か問題が起きるのではないか、

自分にとって不利なことが

起きるのではないかと考え、

不安になってしまっている。

(14)

動き出すというのは、

最初は本当に大変だ。

面倒くさいことも多い。

だから動き出せない

人の気持ちも理解できる。

でも、そこは動き出すしかない。

強い意志や気合、

勇気で一歩踏み出すしかない。

(15)

面白そうだと思っていても

面倒で動けないことでも、

無理して動いてみることで

成果が出たりすると、

「うまくいってしまった」という

成功体験になり、次々と

新しいことをはじめるようになっていく。

動いた方が得だな、

という学習効果が現れてくる。

(16)

成功する人は

身の丈に合わないチャレンジをしている。

大成功したといわれるのような

会社の社長はほとんどバカではあるが、

行動力だけはズバ抜けている。

(17)

覚えておいてほしいことがある。

それはぼくが

「保険をかけていない」ということ。

そして、

いろんなものを「捨てている」ことだ。

(18)

お金は

時間を効率化させるためのツール。

(19)

メジャーになれるなら、

それに越したことはない。

だが、最初に目指すのは、

メジャーではなくマイナー。

そして、その中で影響力を持つこと。

エンターテインメントビジネスは、

ネットというマイナーな場所から

大きくしていくことができる

可能性を秘めている。

(20)

楽しいと思えば、

人は動く。

(21)

相手の心を読む前に、

自分をさらけ出せ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存