頑張る力がみなぎる30の言葉

スポンサーリンク

(1)

愚痴や悪口は言わないようにする。

感謝と称賛を言うようにする。

(2)

「さあ、今日も頑張ろう!」というパワーフレーズを、きちんと声に出して言う。

(3)

頑張り方には2種類ある。
「力を入れて頑張る」「力を抜いて頑張る」。

(4)

「これは難しそう」に続く言葉は「でも実は大したことない」。

(5)

1位でフィニッシュした人だけが勝者ではない。
笑顔でフィニッシュした人は、すべて勝者。

(6)

勝ち負けのない時間は、本当の自分に戻る時間。

(7)

慰めの言葉を待つのは、もうやめる。

(8)

小さな仕事を頑張れない人は、大きな仕事も頑張れない。
小さな仕事を頑張れる人は、大きな仕事も頑張れる。

(9)

無気力というのは思い込み。
気力の出し方が分からないだけ。

(10)

自分の気持ちは考えても、相手の気持ちを考える人は少ない。

(11)

苦労を重ねた仕事から、大きな達成感が生まれる。

(12)

頑張っても、うまくいかないときもある。
頑張らなくても、うまくいくときもある。

(13)

自分の足を使って積極的に動く人こそ、チャンスを得る資格がある。

(14)

チャンスは、トラブルの中にある。

(15)

行き止まりではない。
行き止まりに見えるだけだ。

(16)

「頑張る」と「無理をする」は、違う。

(17)

失敗することを恐れるな。
本気でないことを恐れろ。

(18)

「疲れた」が口癖の人は、ストレス発散をしていると考える。

(19)

小さなことに、いちいちかっかしない。

(20)

悪条件を生かして、チャンスと勢いに変える人が成功する。

(21)

「もうダメだ」に続く言葉は「でも諦めない」。

(22)

どうせダメなら、当たって砕けろ。

(23)

成功に向かう階段は、上向きとは限らない。

(24)

苦しいときは自分に問いかける。
「ここで頑張らなければ、いつ頑張るのか」

(25)

相手がどんなに無礼でも、自分は礼儀を貫く。

(26)

個人プレーでも、架空のライバルを意識する。

(27)

失敗しても、また立ち上がって歩き出せばいい。

(28)

犬ですら待つことができる。
待つことができないと、犬以下になる。

(29)

失敗したから辞めるのではない。
失敗したから続けて頑張る。

(30)
最高のライバルは、過去の自分。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存