若いうちにやっておくべき30のこと

スポンサーリンク

(1)

若い時期だからこそ、できることがある。

(2)

できるだけたくさんの失敗をしておく。

(3)

たくさんの三日坊主を経験して、自分の向き不向きを知る。

(4)

好きなことを知れば、迷うことはなくなる。

(5)

好きなことをたくさんして、得意なことに変えてしまう。

(6)

好きなことをやって、エネルギーを技に変えよう。

(7)

幸せな死の瞬間から遡って、今、どうすればいいのかを考えることが大切。

(8)

祖父と祖母が存在する当たり前の日常を、味わっておく。

(9)

勉強そのものより、勉強の仕方を学ぶ。

(10)

親しい仲の友達を作っておく。

(11)

自分が中心で世界が回っている……わけではない。

(12)

嫌いなことを、好きなことに変えるという努力をする。

(13)

つらく厳しいことを、経験しておく。

(14)

人と同じようにする努力ではなく、自分だけの違いを伸ばす努力をする。

(15)

好きなことばかりをやって、力をつけておく。

(16)

若いうちに、自分磨きを精いっぱいしておくこと。

(17)

「どっちでもいい」という答え方を卒業する。

(18)

よいことも悪いことも、ずっと続くわけではないことを知る。

(19)

失敗に慣れて、精神的に免疫をつけておく。

(20)

初めからうまくいくわけがないことを知る。

(21)

本当のスタートは、ゼロからではない。
マイナスから始まるものなのだ。

(22)

若いうちに1人の時間を大切にして、自分磨きに使う。

(23)

行動し終えてから「~したよ」と話す癖を若い時期につけておくこと。

(24)

成長に応じて、友達の層を入れ替える。

自分が成長すれば、いずれ今の友達とは話が合わなくなるのは当然。

(25)

限界を、一度経験しておく。

(26)

若いうちこそ、恥ずかしい経験をたくさんしておく。

(27)

自分の夢に近づく道を、貫く。

(28)

痛みが小さい若い時期に、お金の失敗を経験しておくこと。

(29)

分からないときには、近づいてみる。

(30)
若い時期に自分の根っこを広げて、土台を作っておく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存