いかに必要であったとしても、いかに正当な理由があったとしても、戦争が犯罪だということを忘れてはいけない。小説家・ヘミングウェイが残した言葉

スポンサーリンク

(1)

心の底からやりたいと思わないのなら

やらない方がいい。

(2)

わが人生は、

ほんの一行で要約できるだろう。

そう、

私は生きることを十分に楽しんだと。

(3)

今は「ないもの」について考えるときではない。

「今あるもの」で何ができるかを考えるときである。

(4)

人間の価値は、

絶望的な敗北に直面して、

いかにふるまうかにかかっている。

(5)

私は話を聞くのが好きである。

注意深く聞くことで、多くを学んだ。

だが、聞こうとしない者は多い。

(6)

善とは何か。

後味の良いことだ。

悪とは何か。

後味の悪いことだ。

(7)

この世は素晴らしい。

戦う価値がある。

(8)

釣れないときは、

魚が考える時間を

与えてくれたと思えばいい。

(9)

幸運であるに越したことはない。

でも堅実にいくほうがいい。

そうすれば

運が向いた時には準備ができているさ。

スポンサーリンク

(10)

いかに必要であったとしても、

いかに正当な理由があったとしても、

戦争が犯罪だということを忘れてはいけない。

(11)

愛していない人間と

旅に出てはいけない。

(12)

勇気とは、

窮しても品位を失わないことだ。

(13)

あちこち旅をしてまわっても、

自分自身から逃れられるものではない。

(14)

二人の人間が愛し合えば、

ハッピーエンドはあり得ない

(15)

明日は明日の風が吹く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存