印象に残る、伊坂幸太郎作品の言葉たち

スポンサーリンク

(1)

いいかい、

人間のやることの九十九パーセントは失敗なんだ。

だから、何にも恥ずかしがることはないぞ。

失敗するのが普通なんだからな。

―― ガソリン生活

(2)

優しいって字はさ、人偏に『憂い』って書くだろう。

あれは『人の憂いが分かる』って意味なんだよ、きっと。

それが優しいってことなんだ。ようするに。

―― ラッシュライフ

(3)

分かり合おうとするから、辛いのかもしれない。

相容れないもの同士なのだ。

それを前提にすれば、気は楽だ。

―― ラッシュライフ

(4)

人生はきっと誰かにバトンを渡すためにあるんだ。

今日の私の一日が、別の人の次の一日に繋がる。

―― ラッシュライフ

(5)

人生というのは川みたいなものだから、

何をやってようと流されていくんだ。

安定とか不安定なんていうのは、

大きな川の流れの中では些細なことなんだ。

向かっていく方向に大差がないなら、

好きにすればいい。

―― 重力ピエロ

(6)

六十年、死なずにこうやって生きてきたことはな、

すげえことなんだよ。わかるか?

おまえはたかだか十四年か十五年だろうが。

あと五十年、生きていられる自信があるか?

口では何とでも言えるがな、

実際に五十年、病気にも事故にも事件にもやられずにな、

生き延びられるかどうかはやってみないと分からねえんだ。

―― マリアビートル

(7)

逃げろよ。

無様な姿を晒してもいいから、

とにかく逃げて、生きろ。

人間、生きててなんぼだ。

―― ゴールデンスランバー

(8)

びっくりするくらい空が青いと、

この地続きのどこかで、

戦争が起きてるとか、人が死んでるとか、

いじめられてる人がいるとか、

そういうことが信じられない。

―― ゴールデンスランバー

(9)

人間は後悔をする動物だが、改心はしない。

繰り返すんだよ、馬鹿なことを。

『歴史は繰り返す』というのは、

それの言いわけだ。

―― 陽気なギャングが地球を回す

スポンサーリンク

(10)

生きるのを楽しむコツは二つだけ。

クラクションを鳴らさないことと、

細かいことを気にしないこと。

―― アヒルと鴨のコインロッカー

(11)

善いことも悪いことも、

やったことは、全部自分に戻ってくるんだ。

今は違っても、生まれ変わった後で、

しっぺ返しがくる。

―― アヒルと鴨のコインロッカー

(12)

人間というのはいつだって、

自分が死ぬことを棚に上げている。

―― 死神の精度

(13)

人生なんていつ終わってしまうかわからないんだから、

話は交わせる時に交わしておくべきだ。

―― 死神の精度

(14)

同じものを食べた後で同じ感想を持ったり、

好きな映画が一緒であったり、

同じことで不愉快さを感じたり、

そういうのって単純に、幸せですよね。

―― 死神の精度

(15)

疑うのをやめて、

信じてみるのも一つのやり方だ。

―― 夜の国のクーパー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存