いらいらしない人になる方法

スポンサーリンク

(1)

いらいらしない人になるために

「余裕のある生活」を心がけよう。

(2)

生活の中から

「ぎりぎり」をなくす。

(3)

他人と比べない。

いっそのこと、他人を見ない。

(4)

できないことは見ない。

できるところだけを見つめる。

(5)

ふわふわしたものに触れると、

いらいらが緩和される。

(6)

いらいらすれば、

紙に書いて、ごみ箱に捨てよう。

(7)

目標を見ていると、いらいらする。

目的を見ていると、いらいらしない。

(8)

いつもより早めに家を出れば、

気持ちも穏やかになる。

スポンサーリンク

(9)

寝るか忙しくすれば、

嫌なことを忘れる。

(10)

体を動かせば、

いらいらもなくなる。

(11)

体を動かす機会を、

捨てないようにする。

(12)

「自分自分」と考えない。

「あなた、あなた」と考えよう。

(13)

近くを見つめない。

遠くを見つめよう。

(14)

思いどおりにならないことは

「それでよかった」と考えよう。

(15)

文句や不満は言ってはいけないと

真面目を演じる人こそが、

ストレスをため込み、キレてしまう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存