人間だもの。相田みつをの名言

スポンサーリンク

(1)

ぐちをこぼしたっていいがな
弱音を吐いたっていいがな
人間だもの
たまには涙をみせたっていいがな
生きているんだもの

(2)

人間はねぇ欲望のかたまりだな

(3)

長い人生にはなあ どんなに避けようとしても
どうしても通らなければ ならぬ道- てものがあるんだな
そんなときはその道を 黙って歩くことだな
愚痴や弱音を吐かないでな 黙って歩くんだよ
ただ黙って-
涙なんか見せちゃダメだぜ!!
そしてなあ その時なんだよ
人間としての いのちの根が ふかくなるのは・・・・・

(4)

いまから ここから あしたはあてに ならぬから

(5)

身から出た
さびとおもえば
こころしずまる
身から出た
さびとおもえど
腹がたつ
どっちもわたし

(6)

『当たってくだけろ』
かけ声は勇ましいけれど
かけ声をかける当人は
当たりもくだけもしねんだよなあ

(7)

背筋をのばして
肩ひじ張らず
すんなりさらさら
ゆきましょう
水のように
それがなかなかできない
わたし

(8)

感ずるべきものに感ずる人間であって欲しい

(9)

いまここで
ぶつぶつと不満や
弁解をしながら生きるか
いまここを、生き生きはつらつと
いのちいっぱいに
光りかがやいて生きるか──
それをきめるのは
いまここの自分

(10)

いま ここにしかない わたしのいのち あなたのいのち

(11)

所詮にんげんのやること おれのやること

(12)

筆を持つのはおそろしい 筆は正直で、書いた人の人間が 全部出てしまうから

(13)

感情の 高ぶるままに 叱りしが あの子も こころきず つきたらむ

(14)

暖かい春の陽ざしを ポカポカと背中に受けて 平らな道をのんびりと歩いてゆく── そんな調子のいい時ばかりはないんだな

(15)

おてんとうさまのひかりをいっぱい吸った あったかい座ぶとんのような人

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存