我々は慈悲を見せるべきだが、求めるべきではない。ウィンストン・チャーチルの言葉

スポンサーリンク

(1)

人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでないということだ。

(2)

過去のことは過去のことだといって片づけてしまえば、それによって我々は未来をも放棄してしまうことになる。

(3)

その国の高齢者の状態を見ると、その国の文化の状況がわかる。

(4)

民主主義、我々は政府が人民を所有するのではなく、人民が政府を所有する国ならば、どの国でも喜んで迎える。

(5)

我々は慈悲を見せるべきだが、求めるべきではない。

(6)

建設は歳月のかかる骨の折れる仕事である。

破壊は一日の浅はかな行為でもなしうる。

(7)

敵がいる?良いことだ。
それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ。

(8)

成功とは、失敗に失敗を重ねても、情熱を失わない能力のことだ。

(9)

誠実でなければ、人を動かすことはできない。
人を感動させるには、自分が心の底から感動しなければならない。
自分が涙を流さなければ、人の涙を誘うことはできない。
自分が信じなければ、人を信じさせることはできない。

(10)

向上とは変化である。完全になるとは、しばしば変化することである。

(11)

態度と言うのはちょっとしたものだが、大きな違いを生み出す。

(12)

資本主義の欠点は幸運を不平等に分配してしまうことだ。
社会主義の長所は、不幸を平等に分配することだ。

(13)

悲観主義者はあらゆる機会の中に問題を見い出す。
楽観主義者はあらゆる問題の中に機会を見い出す。

(14)

私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである。

(15)

愉快なことを理解できない人間に、世の中の深刻な事柄がわかるはずがない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存