いちばん大切なのは人。人が事業をつくり、事業がカネをつくる。カネは人についてくる。実業家・出光佐三が遺した言葉

スポンサーリンク

(1)

仕事がないなら探せばよい。

安易に仲間をクビにして

残った者だけで生き延びようとするのは卑怯者の選ぶ道だ。

みんなで精一杯やって、それでも食っていけなくなったら、

みんな一緒に乞食になろうじゃないか。

(2)

いくら大学を出ていても困難を克服して、

試練を乗り越えなければ何にもなりませんよ。

(3)

僕は景気のいい時に、

景気の悪い時のことを考えて準備しておけと言っている。

(4)

我欲の人間が仲良く暮らすためには

「互譲互助」の思想に徹する以外に道はありませんね。

(5)

真面目に働く者が、

それに見合う報酬を受けるのは当然の理である。

好・不況にかかわらず、

社員の生活は保障されねばならない。

ぜいたくはいけないが、貧しいのはもっといけない。

(6)

金は儲けたいが、

信用を落としてまで金を儲けることはできない。

(7)

わが社の資本はカネでなく、人間だ。

カネは資本の一部だ。いちばん大切なのは人。

人が第一であって、人が事業をつくり、事業がカネをつくる。

カネは人についてくる。

(8)

出光の仕事は金もうけにあらず。

人間を作ること。

経営の原点は人間尊重です。

世の中の中心は人間です。

金や物じゃない。

(9)

何をやるにしても考えて考え抜く。

それが私の一生である。

スポンサーリンク

(10)

ある一つの目的を達成するのに

非常に楽な道と非常に苦しい道とがあるとする。

苦しい道をとっても楽な道をとっても

目的は達せられるが

どちらを選ぶかといえば

我々はあえて難路を選ぶ。

(11)

人を育てるのに、

手間暇を惜しむな。

(12)

金を軽んじても重んじてもいけない。

(13)

出光の事業は、だれが見ても

美しからねばならぬ。

醜悪なる、単なる

金儲けであってはならぬ。

(14)

金や権力、組織の奴隷になるな。

学歴や学問、主義の奴隷になるな。

自立して国家と国民、人類の幸福のために尽くせ。

(15)

人生は実行であり現実である。

百の名論卓説より、一つの凡策である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存