ひとつのものが終わると、またつぎの新しいものがはじまる。私の気持はいつも新鮮だ。登山家・植村直己が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

努力している人を笑うこと。

それは、何よりも最低な行為である。

(2)

人の生きる本当の価値は、

お金や肩書きなどではなく、

夢を追い求め

一瞬一瞬を精一杯生きることにあります。

(3)

いくら私が冒険が好きだからといっても、

経験と技術もなくて、

また生還の可能性もない冒険に挑むことは、

それは冒険でも、勇敢でもないのだ。

無謀というべきものなのだ。

それがどんなに素晴らしい挑戦であったにしても、

生命を犠牲にしては意味がない。

(4)

いままでやってきたすべてを土台にして、

さらに新しいことをやってみたいのだ。

若い時代は二度とやってこない。

(5)

いいかい、

君たちはやろうと思えば何でもできる。

僕と別れた後もその事を思い出してほしい。

やろうと思えば何でもできるんだ。

(6)

自分の足跡を残したい。

人の評価でなく、

自分でものをつくり出したい。

年がいくほど、

ますます青春を感じて夢が広がるんです。

(7)

始まるのを待ってはいけない。

自分で何かやるからこそ 何かが起こるのだ。

(8)

人の意見も、

とうぜん重視しなければならないが、

その意見にしたがってばかりいては何もできない。

(9)

不安な時は小さなことでもいい、

今できる行動を起こすこと。

スポンサーリンク

(10)

闘志をかきたて

全身をひきしめているつもりなのに、

漠然とした不安がときおり心を横切る。

そして、これをふり払うには、

実際に行動を起こすほかないことを、

私は知っている。

(11)

私の夢は夢を呼び起こし、

無限に広がる。

過去のできごとに満足して、

それに浸ることは現在の私にはできない。

(12)

過去ばかりあれこれ思い出して

センチになっているわけにはいかない。

自分は現在に、未来に生きなければならないのだ。

(13)

ひとつのものが終わると、

またつぎの新しいものがはじまる。

私の気持はいつも新鮮だ。

(14)

苦労が大きければ大きいほど、

後でそれに比例した大きな喜びが返ってくるものなのだ。

(15)

きょうある命も、

明日あるとは限らない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存