泣いて笑って、強くなる。疲れた時に読みたい言葉

スポンサーリンク

(1)

悔しくて泣くのは、

それほど頑張った証拠。

(2)

転んだ人を笑うな。

彼らは歩こうとしたのだ。

(3)

自分の笑顔がまわりのみんなを明るくする。

一人がひかりれば、

照らされた人たちもひかりはじめる。

(4)

笑っているから

幸せとはかぎらない。

でも、幸せな時は、

必ず笑っている。

(5)

笑っているから

大丈夫だとは限らない

悲しみを隠すための

笑顔だってある

だから…

笑顔だけで幸せは測れない。

(6)

どしゃぶりの雨も、

かなしみもやがて

雲一つない青空にもどる。

人の心も、

どんなことがあっても同じように戻る、

そんなふうでありたい。

(7)

悲しいことが10あっても

嬉しいことが10あったら

結局はプラマイ0になるって

誰かが言ってた。

だけどね、

確かにプラマイ0だけどそれは

「何もなかった0」よりずっと

意味のあるものなんじゃないのかな。

(8)

悲しいときには泣くがよい。

辛いときにも泣くがよい。

涙流して耐えねばならぬ。

耐えた心がやがて薬になる。

(9)

強いってことは泣かないことじゃない。

泣いてもまた、笑えること。

スポンサーリンク

(10)

下向くな、

上向いて歩け。

泣くのを堪えるな、

思いっきり泣け。

笑うときは不細工になるぐらい

思いっきり笑え。

我慢するな、一回きりの人生だ。

胸張って生きろ。

(11)

人前で泣くのは

格好悪いことかもしれないけど、

恥ずべき行為ではないと思う。

(12)

どんなに辛い悲しみも、

すべて時が忘れさせ、

癒してくれる。

たくさん泣いて、

嫌な時が過ぎてゆくのを、

ただ待つしかない。

(13)

泣きたいときは、

遠慮しないで泣きなさい。

涙が乾いたら、

代わりに希望の芽が出てくる。

(14)

私が泣くのは、

悲しいから?

寂しいから?

誰かに心配されたいから?

同情してほしいから?

全部違う。

私が泣くのは認めてほしいから。

(15)

泣きたかったら、泣いていい。

がまんなんてしなくていい。

無理して笑わなくたっていい。

ストレスを溜めすぎちゃうと

ココロもカラダも疲れちゃう。

一度、大きく息を吸って

また始めてみよう。

新しくて、ステキな何かが

きっとあなたを待っているよ。

鏡に映るあなたが

本当の笑顔でありますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存