不器用な人がやったら、器用な人にはできないことができるはず。

スポンサーリンク

(1)

たとえば、

足元に目を落としたとき、

そこにくっきりした濃い黒い影がのびていれば、

自分が背後から

強い光に照らされていることに気がつくでしょう。

上を見ることだけが光を探す手段ではないのです。

(2)

落ち込んだとき立ち直るコツ。

それは何か一つ「いいこと」をしてみることだ。

乗り物の中でお年寄りに席を譲ってあげることでもいい。

何か一つ

「ああ、いいことをしたな」

と思えることをすると、

不思議と気分が明るくなる。

(3)

今日だめだったら

希望をもって明日にかけましょう。

明日とは、明るい日と書きます。

(4)

失敗じゃない!

ただ他の人より遠回りしただけだ!

遠回りする分、

いろんな世界を見れるじゃないか。

(5)

誰も好きになれないという寂しさより、

誰かを好きな切なさのほうが

人は大きくなれるような気がします。

この人が好きです。

そう胸を張って言えるほうがずっとずっと素敵。

(6)

どんなにひどく、

寂しい状況だったとしても、

出会いに目を見開いておけ。

(7)

われわれの持つ可能性に比べると、

現実のわれわれは、

まだその半分の完成度にも達していない。

(8)

世の中には幸も不幸もない。

ただ、

考え方でどうにもなるのだ。

(9)

何とかなると思ってると、

何とかなってくる。

世の中、

何とかなるだろうと考えるのが一番強い。

スポンサーリンク

(10)

自分の幸せを数えたら、

あなたはすぐに幸せになれる。

(11)

不器用な人がやったら、

器用な人にはできないことができるはず。

(12)

元気を出しなさい。

今日の失敗ではなく、

明日訪れるかもしれない

成功について考えるのです。

(13)

私は雨の中を歩くのが好きなんだ。

そうすれば、

誰にも

泣いているところを見られなくて済む。

(14)

過去と未来は最高によく思える。

現在の事柄は最高に悪い。

(15)

あなたは、

あなたであればいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存