人の弱点を見つける天才よりも、人を褒める天才がいい。松岡修造の言葉

スポンサーリンク

(1)

「やってられないよ」と思ったとき、

「でも俺、頑張ってるよな」

とつぶやいてみてください。

「頑張ってる私って、結構いいな」と、

自分を好きになってください。

その方が生きやすくなるとは思いませんか?

(2)

偶然にもうまく
返せたように見える一球。

しかし、僕にとっては
何千球と練習をしたうちの一球だ。

(3)

何よりも大切なのは、
あなた自身がどうしたいかだ。

(4)

勝ち負けなんか、
ちっぽけなこと。

大事なことは、
本気だったかどうかだ!

(5)

よく、時間が解決してくれる
と言うけれど、そうは思わない。

でも、行動した時間なら
解決してくれるはずだ。

(6)

僕は忙しいと思ったことが1回もありません。

たぶん、本当に忙しくないのでしょう。

「お疲れさま」と言われても、

たいていは疲れていないので、

冗談を言える人には「疲れてません」といいます。

(7)

予想外の人生になっても、

そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな。

(8)

人の弱点を見つける天才よりも、

人を褒める天才がいい。

(9)

家族は史上最強の味方だ!

(10)

僕が偉そうに話してることは全て、

これまで僕ができなかったこと。

(11)

言い訳してるんじゃないですか?できないこと、無理だって、諦めてるんじゃないですか?駄目だ駄目だ!諦めちゃだめだ!できる!できる!絶対にできるんだから!

(12)

本気になれば自分が変わる!本気になれば全てが変わる!!

(13)

真剣だからこそ、ぶつかる壁がある

(14)

ベストを尽くすだけでは勝てない。僕は勝ちにいく

(15)

良いときと比べるのではなく、そのときにできるベストを尽くすことが大切。体調が万全でないなら、その状態でベストを尽くすにはどうすればいいかを考えればいい。

(16)

一番になるっていったよな?
日本一なるっつったよな!

ぬるま湯なんか
つかってんじゃねぇよお前!!

(17)

わがままではなく、
あるがままに。

(18)

ミスをすることは悪いことじゃない。それは上達するためには必ず必要なもの。ただし、同じミスはしないこと

(19)

言ったよね、人の悪口今言ったよね。 言ったらダメだよ。 自分に帰ってきちゃうよ結局は! 心の中で抑えて逆を言ってごらん? そうすると必ず自分のいい方向に帰ってくる。 もし言いたければ海に言えよ! 俺は嫌いだ!

(20)

子供の才能を伸ばすには「いいね」「上手いね」「すごいね」と長所を見つけて褒めることだとよく言われます。これは大人にも当てはまることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存