息子が生まれたら、絶対に伝えたい「10のコト」

スポンサーリンク

(1)「優しさ」が、強さだ。

人に優しく接するのは、決して自分が「弱い」からではないんだよ。荒々しく残酷でいることが「男らしい」なんて思ったら大間違い。日ごろ忘れてしまいがちだけど、「優しさ」には世界を動かす素晴らしい力があるんだ。

(2)女の子の身体は女の子のもの

勘違いしてはいけないよ。その子がどんな子でも、君と長い間付き合ってたとしても、彼女の身体は1ミリたりとも、君のものではない。彼女の身体のことは、彼女だけが決められるんだ。同じように、君の身体を守るのは君自身。男の子だって、ことに及びたくないと思ったら「NO」と言っていいんだよ。

(3)言いたいことは口に出して言え!

思っていることを無理に押し殺さなくてもいいんだ。「感情」があるということは、私たちが人間であるという証しでもあるんだよ。ちゃんと言葉を使って自分の気持ちを表現しよう。

(4)家事は女性の仕事じゃない

男たるもの、おいしいごはん(少なくとも、食べられるごはん)を作り、掃除をし、洗濯をするといった身の回りのことは、一通りできたほうがいい。そして、これは本当に大事なことだから理解してほしい。ただ口先で言うだけではなくて、心からそうだと思っていてほしいんだ。これらの仕事は決して「女性の仕事」なんかじゃないんだから。

(5)「ありがとう・ごめんなさい」をためらうな。

今どき、あまり重要視されていないときもあるけれど、人間関係を築いていくうえでは、やはりマナーは大事。学校で、仕事で、恋人との間で、これらの言葉がきちんと使える人は、きっと物事がうまくいくよ。

(6)信じられる人を見極めろ

むやみに誰でも信用しなくてもいい。その価値があると判断した人を思いきり信じろ。お互いに支え合える人間関係を築くといいよ。

(7)そして、自分を信じろ

ときには、自信があると装わなくてはいけないこともあるかもしれない。でもここは、パパを信じて。君は利口だし、有能だし、才能もある。夢を叶えるための力は、ちゃんと備わっているんだよ。あとは、自分を信じるだけだ。

(8)秘密と約束は絶対に守れ

誰かに秘密を打ち明けてもらったのなら、それは必ず守らなくてはいけない。ペラペラとほかの人にしゃべってしまうなんて、失礼極まりない。他の人の弱みを踏み台にして、自分が優位に立とうなんて、とても卑怯な行為だ。そして有言実行、無言実行だ。

(9)冗談で人を傷つけるな

パパは冗談が大好きで、皮肉っぽいやつも結構好きなんだ。でもね、ジョークが良い方向に作用しないときもある。どんなにパンチの効いた笑いよりも大事なものってあるよね。友情や、信頼や、優しさ。冗談を言うときは、もう一度よく考えよう。そのユーモアは大事なものを傷つけやしないだろうか?誰かを傷つけてまで言わなければいけないジョークなんてない。

(10)世界を見ろ!

外に出て、世界を見てごらん。新しいもの、新しい場所、どんどん出会って、自分の世界地図を広げていこう。ヨーロッパをバックパック背負って巡り、アフリカのサファリで動物たちに出会い、アマゾンの熱帯雨林を探検しよう。心配しなくていい。パパはいつまでも、君が戻ってこられるホームを守り続けるから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存