常識をバカにする奴に、常識を超えたことは絶対にできない。志村けんの言葉

スポンサーリンク

(1)

いろいんな人たちを遊びの場で見てきた。思うのは、人生は不公平だってこと。

若いときからずっと恵まれている人もいる。急上昇して急降下する人もいる。

人生の後半にピークを迎える人もいる。ずっと恵まれない人もいる。

人生というゲームの勝ち負けに一定の法則がないことは、これを見てもあきらかだろう。

ただし、ひとつ言えることがある。ずっと恵まれてみえる人はみな必ず努力していることだ。

例外なくね

(2)

お笑いに限らず、常識をバカにする奴に、常識を超えたことは絶対にできない

(3)

非常識なことをするためには、まず常識を知らなきゃいけないんだよ

(4)

だれもが思いつきそうなことを、人より鼻の差ぐらい先を見越して、現実化すればいいんだ。「鼻の差ぐらい」がポイント。それ以上先でも、それ以下でもダメ

(5)

最初から全力でいかない奴は、その時点で先がない

(6)

ムダなことでもなんでも知ってた方がいい。知らないと損をすることはあっても、知ってて損することはないから

(7)

何もしてない奴が「じゃあ、お前ちょっとやってみな」って言われることはあり得ない。普段から何かをやり続けているから、誰かの目にとまって声をかけられるんだ

(8)

付き人時代は靴も買えなくて、
一時期ずっと
裸足で生活してましたからね。

電車も裸足ですよ。
周りのお客がヘンな顔してね。

テレビ局の小道具さんから
ワラジもらったりしたけど、
裸足より目立つんだよね(笑)。

ええ。
ワラジでも乗りましたよ、電車。

(9)

古今東西、いつの時代も、自分が楽しいと思わない仕事からよい結果は生まれない

(10)

オレはいつでも「個性は変人、常識は凡人」でいたいと思っている

(11)

人になにかを伝えたいならウソをついちゃいけない

(12)

自分の一生なんだから、自分が好きなことを思い切りやればいいと思う。 売れるか売れないか、先のことは誰にもわからないけど、自分が納得いくまでやれば、それでいいんじゃないか

(13)

みんなと同じだったら、一番楽だろう。不安もなくなる。でも、その代わり個性もないってことになる。 あいつは変わってる、と言われるのは光栄なことだ。 1回きりしかない人生なんだから、自分の好きなように、自分に正直に生きようよ

(14)

なんでもそうだけど、ずっと続けているとうまくなる。うまくなると、またおもしろくなってきて、さらに一生懸命やろうという気になってくる。 そうやって、一人前になっていくんだと思う

(15)

らしく見せるコツは何か。僕の場合はその人を徹底的に好きになることだ

(16)

笑いというのは、切羽詰まった時に生まれるものだ

(17)

おいしいところをゲストに。それは僕のいつもの考えだ

(18)

気取らないこと。とにかく飾らない。自分を大きく見せようとする段階で人はうそをつくし、それはすぐに見破られるものですよ

(19)

グループの笑いというのは、全員の仲がよくないとうまくいかない

(20)

仕事に限らず何でもそうだけど、「おれ、頑張りました」ってところが見えてしまうようではまずい。頑張ったとか、努力したということを、ことさら強調する奴がいるけど、それって手品で、すぐさまタネあかしをしてしまうのと同じじゃないのか。いとも簡単にやっているようで、実はその裏で血のにじむような努力と完璧な準備があるからこそ、金を取れるモノになるわけなんだから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存