どんな幸運な人間でも、一度は死にたい程悲しくて辛いことがある。小説家・井上靖の言葉

スポンサーリンク

(1)

努力する人は希望を語り、

怠ける人は不満を語る。

(2)

何でもいいから夢中になるのが、

どうも、人間の生き方の中で、

一番いいようだ。

(3)

人間はだれでも、

自分の一生を成功だとは考えないまでも、

失敗だとは思いたくない。

(4)

これから何年、何十年生きても、

おそらく人生というものなど解りっこないに違いない。

ただ、

そうした解らない人生というものの終局点に立ったとき、

人生を肯定する立場に立っていたい。

(5)

自分が歩んできた過去を振り返ってみると、

何とたくさんのすばらしい、

一生に一度の出会いがあることか。

(6)

人生がたった一年しか残されていないんなら、

おれは本当に妥協なく生きてみたい。

本当に会いたい人に会いたい。

本当に話したい人と話したい。

本当にやりたいことをやりたい。

本当に行きたいと思うところへ行きたい。

本当に見たいと思うものを見たい。

一体、自分はこれまで何をしていただろう。

(7)

万事、焦ることはない、

ゆっくりやればいつか事は成る。

(8)

どんな幸運な人間でも、

一度は死にたい程悲しくて辛いことがある。

(9)

大体、人間というヤツは、

年齢をとるとロマンティックになるよ。

若い者はロマンティックだなんて笑うが、

あれは本当は嘘だ。

若い時は、驚くほど現実的だよ。

スポンサーリンク

(10)

どうやら幸福というものは

ひどく平凡なことの中にある。

静かな眼、おだやかな心、健やかな体、

平穏な日々そうした状態以外の何ものでもないらしい。

(11)

人間というものは、

自分が恩恵を受けたたくさんのことを、

それを思い出そうとしないと思い出さないものである。

(12)

若い人たちはもっと積極的に一期一会の精神を、

日々の生活の中に生かすべきである。

(13)

人間のやることに結末などはつけられないのだ。

いつだって、中途半端なのだ。

しかし、それでいいではないか。

そもそも結末をつけようというのが、

おこがましい限りだ。

(14)

幸福は求めない方がいい。

求めない眼に、求めない心に、

求めない体に、求めない日々に、

人間の幸福はあるようだ。

(15)

一生の仕事が無駄になった人が

世の中にはたくさんいる。

私たちの今日の文化は、

そういう“尊い犠牲”の上に成り立っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存