頑張るということは、決して無理をするということではない。あきらめない言葉

スポンサーリンク

(1)

自分には無理と決めつけるのではなく、

自分は潜在能力があり、

高い目標設定がそれを

顕在化させてくれると信じることです。

(2)

私はやる気が起きないなら、

無理して勉強する必要はないと思っています。

他にやりたいことがあれば、

そちらに情熱を傾ければいい。

やりたくないのに無理してやる低空飛行の状態が

一番よくありません。

(3)

私は「できない、無理です、嫌だ」とは言わない。

たとえできなくても、代替案を出す。

(4)

大事なのは「続けること」です。

自分のできる範囲で、

無理せず続けることが大切です。

(5)

頑張るということは、

決して無理をするということではない。

(6)

本当に不幸なのは、

できることを未完のまま放り出し、

理解もしていないことをやり始めてしまう人々だ。

彼らがやがて嘆くのも無理はない。

(7)

自分の中の

固定化された常識を壊してみることです。

「自分はここまでだ」という頑固な固定観念が、

成功へ至る一線を越えることを妨げているのです。

(8)

本質をあるがままに認めなくてはならない。

そして、

そのうえでどうあるべきかということを考える。

それが大切なわけである。

(9)

常識を打ち破るのは、

いつも限りなくゼロに近い

可能性を信じた者たちの純粋の魂なのだ。

スポンサーリンク

(10)

「無理だ」と思った瞬間に進歩は止まる。

「不可能だ」と口にした途端、

未来はつまらないものになる。

(11)

努力してないとチャンスはつかめない。

努力していてもチャンスはつかめないのだから、

努力してなければチャンスはつかむのは無理だ。

(12)

コンプレックスは

無理に克服しない。

(13)

世の中が不完全なのに、

完璧ばかり目指すのは危険である。

最上の方法は、

迷わずに目前の仕事に着手することだ。

(14)

あなたが勝ちたいと思う心の片隅で

ムリだと「考えるなら」、

あなたは絶対に勝てない。

もし、

あなたが失敗すると「考えるなら」、

あなたは失敗する。

(15)

今回は多分無理だろう。

けれど、いつの日か必ず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存