人間関係で気をつける言葉遣い

スポンサーリンク

(1)

どんなに外見がよくても、

言葉遣いが悪ければ、台無し。

(2)

「仲良くしてください」と言うと、

いつもより早く仲良くなれる。

(3)

「嫌い」が口癖の人は、嫌われる。

(4)

大きな主語は、トラブルを招きやすい。

(5)

正論が、

人を落ち込ませることもある。

(6)

「疲れた」と言われたときは

「お疲れ様です。大変でしたね」と言ってあげる。

(7)

「面白くない」と言わない。

「分からない」と言えばいい。

(8)

去る人には

「うまくいくといいですね」より

「うまくいきますよ」と応援する。

スポンサーリンク

(9)

「前のほうがよかった」は禁句。

(10)

挨拶の返事がなくても、

習慣として、挨拶を続ける。

(11)

悪口は、

心を無にして、無視する。

(12)

「幸せか」と聞かれたときは

反射的に、「私は幸せ」と答える。

(13)

自分に1パーセントでも非があれば

「自分も悪かった」と謝る。

(14)

「興味がない」を

「教えてほしい」に言い換える。

(15)

ひどいことを言ってしまいそうなら、

黙っておくほうがいい。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存