夢を持つことです。ただし、多く持ちすぎてはいけません。音楽家 モーツァルトの言葉

スポンサーリンク

(1)

多くのことを成す近道は、

一度にひとつのことだけすることだ。

(2)

自分の値打ちを下げてはいけない。

それが特に大切なポイントだ。

さもないと君は終わりだ。

(3)

尊貴な学位も想像力も、

その両方を足したものも、

天才の誕生には至らない。

愛、愛、愛。

それこそが天才の神髄なんだ。

(4)

私は人の賞賛や非難を

まったく気に留めない。

ただ自分の感じるままに行うんだ。

(5)

夢を持つことです。

ただし、

多く持ちすぎてはいけません。

(6)

私達の財産、

それは私達の頭の中にある。

(7)

新しい喜びは、

新しい苦痛をもたらす。

(8)

僕は貴族ではないが、

貴族にもまさる高貴な心をもっている。

人間を高めるのは、

身分ではなく、心だ。

(9)

良く喋り、

能弁であることは、

偉大な技術であるが、

喋るのを止める適切な時を知ることも、

同様に偉大な技術である。

スポンサーリンク

(10)

夢を見るから、

人生は輝く。

(11)

わたしの見解では、

未婚の男は

人生を半分しか楽しんでいない。

(12)

結婚したら

いろいろ分かってきますよ。

いままでは半分謎だったことが。

(13)

金持ちは

友情というものをまったく知らない。

とくに生まれたときからの金持ちは。

(14)

相手の振る舞いに合わせて、

わたしも彼らに接している。

わたしを見下し、

小ばかにする人がいれば、

わたしは得意満面に振る舞うだろう。

(15)

音楽は自らの人生であり、

人生は音楽である。

このことを理解できない人は、

神に値しない。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(ドイツ語:Wolfgang Amadeus Mozart、1756年1月27日 – 1791年12月5日)、主に現在のオーストリアを活動拠点とした音楽家。ハイドンやベートーヴェンと同じく古典派音楽・ウィーン古典派を代表する人物。7歳のときフランクフルトで演奏した際に作家のゲーテがたまたまそれを聴き、そのレベルは絵画でのラファエロ、文学のシェイクスピアに並ぶと思ったと、のちに回想している。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存