『子供の話に耳を傾けよう』デニス・ウェイトリー

スポンサーリンク

きょう、少し

あなたの子どもの

言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、

あなたがどんなに忙しくても。

さもないといつか

子どもはあなたの話を聞かなくなる。

子どもの悩みや、要求を聞いてあげよう。

どんな些細な勝利の話も、

どんなにささやかな行いもほめて

おしゃべりを我慢して聞き、

いっしょに大笑いしてあげよう。

子どもに何があったのか、

何を求めているのか見つけてあげよう。

そして言ってあげよう、

愛していると。毎晩毎晩。

叱ったあとは必ず抱きしめてやり、

「大丈夫だ」と言ってやろう。

子どもの悪い点ばかりあげつらっていると、

そうなってほしくないような人間になってしまう。

だが、同じ家族の一員なのが

誇らしいと言ってやれば、

子どもは、自分を成功者だと思って育つ。

きょう、少し

子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、どんなに忙しくても。

そうすれば、

子どももあなたの話を聞きに戻ってくるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存