人生には二通りの生き方しかない。

スポンサーリンク

(1)

人生を変えたかったら、今すぐ始めなさい。

派手派手しく大げさにやりなさい。

例外は無しです。

そして、言い訳はしないこと。

(2)

ある程度の年齢になると、

人生とは、

自分の考え方しだいで

変えられるものだということが分かる。

(3)

考えてばかりいないで、

とにかくやるべきことをやれ。

人生とは、

頭で考えたり難癖をつけたりして、

変わるようなものではない。

(4)

母から一つの人生観を与えられました。

他者を優先しないのは、

恥ずべきことでした。

自制心を保てないのも、

恥ずべきことでした。

(5)

多くの人が人生の転機を逃してしまう。

それがなぜかといえば、

機会はあたかも日々の労働を装っているからだ。

(6)

生きる価値があると信じなさい。

その信念が、

その事実を生み出すことになるでしょう。

(7)

「明日は、明日こそは」と、

人は人生を慰める。

この「明日」が、

彼を墓場に送り込むその日まで。

(8)

人生には二通りの生き方しかない。

ひとつは、

奇跡など何も起こらないと思って生きること。

もうひとつは、

あらゆるものが奇跡だと思って生きること。

(9)

老年にいたっても、

人生にはたいへん美しい瞬間があります。

スポンサーリンク

(10)

真心をもって人を助ければ、

必ず自分も人から助けられる。

これは人生の最も美しい見返りの一つである。

(11)

人間は心構えを変えることによって、

その人生を変えることができる。

(12)

人生の意味とは、

自分がやりたいと思うことをすること。

(13)

人生はすべて実験である。

実験の数は多ければ多いほどよい。

もし失敗したら、

もう一度起き上がればよい。

転んだって何ともない。

(14)

土台を考えないでいて、

家の構造ばかり考えたって、

その家は

住むに耐えられない家になっちまうでしょう。

人生もまたしかりであります。

(15)

人生の戦いはすべて、

僕たちに何かを教えてくれる、

敗北でさえもそうなのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存