今日という日

スポンサーリンク

今日は二度と来ない

当たり前だけど

いつのまにか忘れてしまい

いつのまにか時が過ぎている

失う前に気づきたい

今日も生きていられること

何事もなく過ごせたこと

そばにいてくれる人がいること

今日が終わる

また明日が始まる

明日はどんな日にしたいだろう



著:ひすいこたろう, 著:SHOGEN
¥1,725 (2024/06/15 06:32時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存