葉 太宰治

スポンサーリンク

死のうと思っていた。

ことしの正月、

よそから着物を一反もらった。

お年玉としてである。

着物の布地は麻であった。

鼠色のこまかい縞目が

織りこめられていた。

これは夏に着る着物であろう。

夏まで生きていようと思った。

著:太宰治, 編集:古典名作文庫編集部
¥99 (2024/06/23 19:54時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存