元SMAP、香取慎吾の言葉

スポンサーリンク

(1)

(スマスマ生謝罪)本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。皆さまと一緒にまた今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思っています。

(2)

監督を信じる。監督に任せる。その想いは強くありますね。たとえば衣装合わせで、ビジュアルを作るときから、一切(自分の意見は)言わないです。誰が相手でもそうですね

(3)

日常ってけっこう楽しいことがあるじゃないですか。会社でも学校でも。あのひと、あんなだったから、おもしろいよね、って。そういうことの積み重ねが三谷作品というか。それがいままで何度かやらせていただいて思っていることなんです

(4)

三谷さんのなかでの新たなチャレンジを世に送り出すときに、僕を呼んでくれるのはほんとうにうれしい

(5)

大河ドラマのレクチャーを、三谷さんからホワイトボードで受けました。ふたりきりで(笑)

(6)

吾郎ちゃんはね、最近やけに明るいんだよね。デビュー当時は超明るい人だったんだけど、一時、“けだるくて渋い稲垣吾郎”になってたんだよね(笑) 最近ではそこに以前の明るい吾郎ちゃんが+されて、明るさ40%、渋さ60%って割合で、今ちょうどいいって

(7)

本当に頑張ってほしい!本当に!1991年9月9日。デビューした自分に一言!

(8)

中居君が「慎吾の方が大人だよ」とかいうけど、それは雑誌用のコメント 自分はいい奴じゃないとか言ったりね。でも抵抗しても無理なの。あの人本当にいい人だから

(9)

5人集結する事の嬉しさは、単純なところで言うとみんなで新幹線や飛行機に乗ったりご飯を一緒に食べられるって事。他人が思うほど5人でいられる時間は多くないんだ

(10)

僕マカロンて全く興味なかったんですけど。ピエール・エルメに出会ってマカロンが好きになった。ちょーうまいですよね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存