映画解説に捧げた生涯。淀川長治の言葉

スポンサーリンク

(1)

大切な一日をあくびなんかしてふやけている人。いやですねぇ。

(2)

人間が生きるということはどういうことかといつも考える。すると死ぬことだということに帰着する。死ぬとわかれば今日この一日を十分に生きねば損だと思う。

(3)

死は人間卒業、自殺は人間廃業です。

(4)

私はいまだかつて嫌いな人に逢ったことがない。

(5)

ひとつの言葉で喧嘩して、ひとつの言葉で仲なおり、ひとつの言葉に泣かされて、ひとつの言葉であやまった。
ひとつの言葉はそれぞれに、ひとつの心を持っている。

(6)

名作映画は、人類にとって最高の総合芸術である

(7)

私にだって嫌いな人はいます。
嫌いな人を見たら、心の中で、好き、好き、好きと言うんです。
そうすると好きになれますよ。

(8)

苦しい目に遭うと、どうしても「なんで俺だけがこんな苦労を…」って思っちゃうけど、そんなことないね。
みんな、あるの。
死ぬまであるもんなの。
だいたい苦労がなかったら、面白くもないし、人間じゃないよね。

(9)

映画とは国と国の垣根をなくすことね。
映画とは世界の言葉を持っていることね。
映画とはみんなが見るものね。
映画とは人間を知ることね。
これほど人間について教えてくれるものはないのね。

(10)

四歳から映画を見てきて、何が勉強になったか。
キザですけど、愛ですね。
次は勇気。
次に誠実さ。
映画館は人間勉強の一番の教室だね。

(11)

知らぬ人には無愛想、知る人には愛情いっぱい。これが日本人には極端すぎる。

(12)

濡れた心を持たないと、砂を噛むような味気ない人生を送る羽目になる。

(13)

思えば神様は人間をゆたかに幸せにするために、いつも苦労させるのだ。

(14)

これをやっていれば幸せということ、誰でもひとつ、あります。それを探しなさい。それを見つけて仕事にしたら、きっと幸福ですよ。

(15)

さよなら、さよなら、さよなら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存